合計
無料アクセスカウンター
本日
出会い系サイト
昨日
出会い

出会いデリヘル出会い系結婚 仲介裏dvd

2008年10月10日

封印…

アノネ、がんばんなくてもいいからさ、
具体的に動くことだね。
             
       相田みつを(詩人)


最近、自分の考え方の主要な部分を封印しながらアプローチしている。

うちと交流のある方は知っていると思いますが、昨年までよく勉強してコースまで出ていた治療アプローチを中心とした考え方に捉われずに治療展開を考えるようにしています。

一つはその治療法に疑問がまだある、ということもあります。自分が勉強不足なのはもちろんではありますが、一つの治療理論に捉われすぎて他の視点が見えにくくなるというのも事実あります。
その理論に当てはめてしまうことで納得がいく部分もあるが、当てはまらない部分も存在するのでは、と感じます。

簡単にゆうと麻痺の存在する手の、手掌の部分の感覚が改善することは機能改善としての効果は果たしているといえます。

でもそれだけに満足していてもいけないですし、その改善が患者さんに対してどの程度生活や人生に影響を与えるのか?逆にいえばそんなことやるよりも歩いたりしていた方がよっぽどモチベーションの上がる患者さんもいます。

もちろんセラピストとして機能障害にアプローチできるスキルは必須です。うちもそのスキルを上げることにこの3年半突き進んでいたように思います。

しかし事実そんなことよりも歩ければ…家に帰れれば…

という声も聞きます。セラピストは機能の改善を追い求める。患者さんは意外にそんなことはどうでもよかったり…これでは治療はただのセラピストに自己満足にすぎません。

逆にある程度のレベルでADLが自立できている方は、細かな機能についての改善を望まれる患者さんもいます。

ということで最近は患者さん自身がどうありたいか、どうリハを進めて行きたいのか、というニードにあわせて、担当させて頂くセラピストとして何ができるのか、ということを色々考えながら毎日を過ごしています。

また封印している理由は自分の視野を単純に広げたいなぁ、という目的もあります。3年半の臨床を通して、機能障害やADLの獲得が困難な理由には、自分の考えていたような、身体・認知的な機能がCVAや骨折などなんらかの理由により患者さんの脳や身体の一部がダメージを受けてしまったことで中枢神経系ー身体の関係性が崩れることで目に見える問題が生じていると強く思っていました。もちろんこのことは影響を与えています。

ただそれだけでなく、入院や発症・受傷後動けなくなってしまった期間が存在します。毎日当たり前のように歩き、立って何か仕事や家事やらを毎日していたはずなんです。だけど病院ではトイレや食事・売店に歩いて向かう時意外はほとんど寝てるか座っていることが多いんじゃないでしょうか。

単純な廃用も実際、思っている以上に患者さんに影響を与えているのかもしれない、と感じたりしてきました。
その廃用による脳・身体の不活性化はさらに脳・身体の働きを悪くします。脳や運動器の損傷による影響にこれが加わると、どんどん問題点は複雑化します。

てなことを最近は感じます…

まぁ色々話したいことはありますが、それは11月の勉強会で★
posted by 管理人 at 23:11| 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。